コンテンツSEOとは | Webサイトのコンテンツマーケティング手法・メリット・対策

コンテンツSEOを解説

インターネット上のWebサイトを通じて商品やサービスを知ってもらったり、購入してもらったりするには、多くの人にWebサイトへと訪問してもらう必要があります。そのために、多くの企業がSEO(Search Engine Optimization、検索エンジン最適化)に取り組んでいます。

SEOとは、グーグルの検索エンジンの検索結果ページの上位にコンテンツを表示させることです。検索結果ページの上位にWebサイトが表示されることにより、多くの人にWebサイトを見つけてもらうことができます。

リンクを集めるだけのSEO対策は不十分

かつては、自分のWebサイトへのリンクを外部のサイトから多く集めることが有効とされていました。いわゆる被リンク獲得ですしかし、グーグルをはじめとする大手検索エンジンの検索アルゴリズム変更により、今日ではそのような対策の有効性は大きく低下しています。そして現在、注目されている手法がコンテンツSEOです。

コンテンツSEOとは何か?

コンテンツSEOとは、ユーザーに役立つ良質な記事コンテンツをWebサイト上で公開し、Webサイトにたどり着く窓口を広げ、Webサイトの流入数を増やすマーケティング手法です。

有益なコンテンツを継続的に発信するで、Webサイトのファンを作ることもでき、ユーザーとの良好な関係を築くことができます。

また、検索エンジンのアルゴリズム変更の背景には、ユーザーにとって有益なサイトを検索結果上位に表示させるという目的があります。そのため、Webサイト内に独自性と質の高いコンテンツがある場合、検索結果ページの上位に表示される可能性が高まります。有益なサイトという評価を得るためにも、 コンテンツSEOに取り組みましょう。

コンテンツマーケティングとコンテンツSEOの関係

コンテンツマーケティングとは、コンテンツSEOを含むコンテンツを活用したマーケティング活動全般を指します。コンテンツSEOを軸として、あらゆるメディアを利用してユーザーに有益な情報を発信するマーケティング手法のことです。

コンテンツSEOのメリット

コンテンツマーケティングには、以下のメリットがあります。

(1)導入のリスクが小さい

自社のWebサイトでブログを書くこともコンテンツマーケティングの一環です。まずは自分でブログ記事を書いてみましょう。コンテンツマーケティングは、大きなリスクを冒すことなく、「まずは始めてみる」ことができます。大きな初期投資を必要としないことは、コンテンツマーケティングの大きな魅力です。

(2)優良顧客を獲得しやすい

良質なコンテンツを発信し続けることにより、多くのユーザーから信頼や愛着を得ることができます。企業や商品の「ファン」を獲得することが期待できることもコンテンツマーケティングの魅力です。ファンになった顧客はリピーターになってくれる可能性が高いでしょう。

(3)情報が拡散しやすい

コンテンツマーケティングでは、FacebookやTwitterなどのSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)を積極的に活用します。SNSでコンテンツを簡単に「シェア」や「リツイート」で拡散できるため、良質なコンテンツは自然と多くの人に広まり、大きな集客を実現することができます

(4)資産として残る

作成したコンテンツは、自ら削除しない限り、半永久的にWebサイト上に残ります。そのため、良質なコンテンツは、半永久的に見込み客を引き寄せることが可能です。また、長期間コンテンツを発信し続ければ、それだけWebサイト内のコンテンツ数は増えます。コンテンツマーケティングは、続ければ続けるほど集客力が大きくなることが期待できるマーケティング施策です。

(5)Webサイトの効果検証ができる

コンテンツマーケティングは、コンテンツをWebサイトにアップロードして終了、ではありません。Webサイトを訪問した人が、どのようなキーワードでた どりついたのか、どのページを閲覧したのか、初めて訪れたのか、それとも頻繁に訪れているのかを測定し、コンテンツの効果を検証することができます。この検証結果をWebサイト構築やコンテンツ制作にフィードバックすれば、より良質なコンテンツを制作することが可能です。

コンテンツSEOを実践してWebサイトを強くする

コンテンツSEOやコンテンツマーケティングで効果を上げるためには、「どれだけユーザー目線で良質なコンテンツを作れるか」ということが重要です。「ユーザーの役に立つ」コンテンツを提供することにより、初めてユーザーの心をつかむことができます。また、コンテンツの発信・更新を続けることも重要です。効果を測定しながら良質なコンテンツを着実に増やしましょう。

SEO

Posted by webbizuser