宅建士試験の内容まとめ | 出題科目分野や問題の傾向・勉強方法

2018-07-15

宅建士試験の内容を総まとめ

宅建士試験は全50問が出題されます。そのうち、正答率の高い問題を押さえておくことで、正解率を安定させられます。この記事では、宅建士試験の内容で、落としては行けない簡単な問題のテーマをまとめました。宅建士の試験内容を理解し、効率よく試験勉強を進めていきましょう。

民法関連

制限行為能力者制度

制限行為能力者制度とは、未成年者をはじめとする判断能力の不十分な人を守るための制度です。

行為能力を制限された者のことを、制限行為能力者といいます。制限行為能力者である未成年のAくんが、保護者なしで結んだ契約にもし問題があった場合、その契約を後からなかったことにできるというものです。

意思表示

代理

皆さんも、一度は代理人という言葉を聞いたことがあるでしょう。宅建士試験では、自宅を売却するとき、人に頼んで本来自分がやるべき売買契約をやってもらうことを代理といいます。自分で出向かずに自分の家を売却するという便利な仕組みといえるでしょう。

代理人は、本人のために契約を結ぶ権利「代理権」を有しますしかし、相手と代理人契約を結ばなければなりません。頼んでいないのに誰かの家を売却してしまうことを「無権代理」といい、この場合は売却されたことにはなりません。

所有権移転登記

債務不履行・解除

単純承認

単純承認とは、相続方法の1つで、借金などのマイナスの財産も含めて相続財産を全て承継する方法です。単純承認は原則的な相続方法になり、限定承認や相続放棄をしない場合には、単純承認をする扱いになります。

 

売主の担保責任

抵当権

保証

対抗問題

不動産登記法

借地権

借家権

相続

相続とは、亡くなった人(被相続人)の権利や義務を一定の身分関係にある人(相続人)が引き継ぐことです。

しかし、相続人は必ず相続しなければならないわけではありません。相続人には、相続するかどうかの選択権が与えられています。民法では、相続方法について、次の3つの選択肢が用意されています。

  1. 単純承認…プラスの財産もマイナスの財産も全て引き継ぐ方法
  2. 限定承認…プラスの財産の範囲内でマイナスの財産を引き継ぐ方法
  3. 相続放棄…プラスの財産もマイナスの財産も一切相続しない方法

区分所有法

宅建業法

宅建業の意味

免許

宅建士